2010年10月03日

タイトルの設定は、もっとも重要なSEO対策の1つ



今回は、<head>から</head>の主要なタグのなかで、
SEOで最も重要な「タイトルタグ」の解説です。


■タイトルタグとは?

その名のとおり、WEBサイトの表題=タイトルを表す文字列です。
htmlの記述では、<title>○○○○</title>で記述します。

書籍やCDのタイトルと同じ意味合いで
要は、このページが、何のページなのかを表すために使用します。

そのため、検索エンジンも
ホームページの中で、このタイトルタグの中に含まれるキーワードを重視します。

また、検索結果においても、
タイトル部分が、実際にユーザーにクリックされる見出しになりますので、
SEO対策だけでなく、クリック率にも影響を及ぼす要素といえます。


■タイトルタグの使用方法

上記のように、
SEO対策上非常に重要な要素になりますが、
しっかりと、仕組みを理解した上で使う必要があります。

注意点として、以下の内容を踏まえた上で
ページのタイトルを変更しましょう。

・キーワードを入れすぎない、出来るだけ短くする

検索エンジンは、タイトルタグの内容を重視しますが、
キーワードをたくさん入れると、期待した効果は得られません。
キーワード+店名 がベストです。

例)プリンのネットショップ「プルプル」が店名の場合 
「プリン専門店 プルプル」「プリン通販 プルプル」など


・ページ毎にタイトルを変更する

例)家具のショップのTOPページが 「プリン専門店 プルプル」なら、
ギフトセットのカテゴリページは「ギフトセット|プリン専門店 プルプル」など


■タイトルタグの最適化

では、ネットショップの場合、実際どのようなタイトルにすればよいのでしょう?

上記使用方法の例の部分にも記載しましたが、

各ページのタイトルは、
対策すると決めたキーワード+店名 がベストです。


カテゴリページや商品ページなどは、
使用するショッピングカートや、ショッピングモールによっては
自由に変更できない場合もありますが、

たいていは、ページ毎に変更可能ですので、

各ページ毎に対策するキーワードを1つに絞り(複合語は1つとみなす)

ページ毎に変更しましょう。








posted by 無料ショッピングカート同好会 at 13:55| Comment(0) | SEO対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月18日

SEO対策にメタタグを設定しよう


ネットショップのSEO対策に、
メタキーワード、メタディスクリプションの設定をしましょう。


ショッピングカートによっては、CMSに設定する項目がありますので、
カートの提供元に問い合わせてみましょう!!


■METAタグとは?

metaタグ(メタタグ)とは、ページの付帯情報を表示するためのHTMLタグで
<head>〜</head>内に記述をします。


metaタグの中で、SEOの際に、使用するタグは、"keyword" "description" "robots"です。


実際の記述方法としては、下記になります。

<META name="robots" content="index,follow">
<META name="description" content="ホームページの説明">
<META name="keywords" content="キーワード1,キーワード2・・・">


meta name="robots" は、ロボット型検索エンジンのロボットを制御するためのタグで、
このページを巡回し、インデックスを許可するという内容です。


SEO対策のためのキーワードは
meta name="description" (メタディスクリプション)、meta name="keywords" (メタキーワード)
内に記述します。


■meta name="description" メタディスクリプション

ディスクリプションには、ページ内のテーマを文章で記述します。
サイトの紹介文のようなもので、googleでは、検索結果のタイトルの下に表示されます。
ポイントとしては、対策するキーワードを先頭にいれることと、あまり長文にならないよう
簡潔な文章を心がけましょう。


■meta name="keywords" メタキーワード

キーワードを半角カンマ区切りで入力します。
ここでも、キーワードを入れすぎないことが望ましいため、
1語か2語に留めておくのがよいでしょう。


yahooでも、googleでも最近の傾向としては、
メタタグの重要度はさがっているように見受けられますが、
SEO施策として、ホームページでの実施率は高い施策です。

自分でやれば無料ですので、ぜひ設定してみましょう!!








posted by 無料ショッピングカート同好会 at 23:56| Comment(3) | SEO対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月17日

見出しタグにキーワードを入れてSEOの内部対策を


seo対策の内部要因について、主要なタグを紹介してきました。

ネットショップでの、SEO内部要因対策は、検索エンジンで上位表示させたい

狙いのキーワードを、ホームページ内の主要な箇所に埋め込むという対策です。


ショッピングカートによっては、
仕様によって、使用できるタグ、出来ないタグがありますが、

今回は、見出しタグと呼ばれる hタグ を紹介します。



hタグは<h1>から<h6>までありますが、
SEO対策での用途では、<h1><h2><h3>の3つにキーワードを挿入すればOKです。


■見出しタグとは?


初心者の方向けに解説すると、
「hタグ」とは、いわゆる見出しを意味するタグです。

<h1>が最上位の見出しで、<h2>、<h3>と
数字が小さくなるにつれて下位の見出しとなります。


■ネットショップでの対策方法

<h1>は大見出しのため、1ページに1つしか設定できません。
対策するキーワードそのものか、タイトルと同じにしましょう。

<h2><h3>に関しては、キーワードを含めた短い文章にするのが好ましいです。


■hタグの使用例

モロッコ雑貨のネットショップ 店名:mokomoko の場合

<h1>モロッコ雑貨通販のmokomoko</h1>

<h2>モロッコ雑貨の通信販売</h2>

<h3>今週のおすすめモロッコ雑貨</h3>


ショッピングカートによっては、htmlを編集せずとも、
システム上で設定できるカートもあります。








ショッピングモールの場合、Yahoo!ショッピングは編集できませんが、
楽天の場合はGOLDサーバーでページを作成すれば
設定可能です。

posted by 無料ショッピングカート同好会 at 00:41| Comment(0) | SEO対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。